HOME » 新着情報 » 市内ビル大規模改修工事②

市内ビル大規模改修工事②

市内ビル大規模改修工事②

お世話になっております。
本日は先日のブログでも紹介しました「市内ビル大規模改修工事」の細かい部分について説明しようと思います。

今回ご紹介するのは、モルタル下地外壁の補修についてです。
この写真のように、欠損や爆裂のある箇所にチェックをつけます。

(爆裂…建築物が古くなると、コンクリートの壁面に亀裂が発生し、そこから雨水や空気が侵入すると、内部の鉄筋が少しずつ錆が進行していきます。
発錆すると、鉄筋の体積が膨張し、その結果、コンクリートの内部が破裂することを爆裂と言います。)

写真のように壁に爆裂欠損や経年劣化などでひび割れてしまった箇所にしるしをつけ、
その後ドリルで穴をあけ、穴を開けた箇所に樹脂モルタルで、穴埋めをします。
外壁の塗装工事をする前にこういった「補修工事」を先にする必要があります。

また、モルタル外壁には主にいくつかのデザインがあります。
この写真のデザインは「吹き付けタイル仕上げ」になり、
「吹き付けタイル仕上げ」はツルツルした仕上がりが特徴です。
塗り替える際にはリシン仕上げ・スタッコ仕上げと比較して施工しやすく塗料の消費が少なく済みます。

こういったモルタル外壁の修復は軽微なものであればDIYでできる場合もありますが、誤った補修をしてしまうと逆に状態が悪化してしまう可能性もあります。

また、爆裂を放置していると建物の耐久性が低くなり、コンクリートが欠落して落下する可能性もあります。
小さなひび割れだと思って放置した結果思わぬ事故に繋がる可能性もあります。

こちらの写真は肌合わせまでの工程になっております。
また完成しましたらこちらのブログでお知らせいたします。

株式会社藤美ではこういった爆裂箇所の補修も数多く行なっております!



マンションのオーナーさんや、ご自宅の補修をお考えの方はお気軽にご連絡ください!

>>>メールでのお問い合わせはこちら<<<
お見積りまでは無料となっておりますので、お気軽にご連絡下さい。
TEL0120823838