HOME » 新着情報 » シーリング工事って?

シーリング工事って?

シーリング工事って?

【シーリング工事って?】
いつもお世話になっております。

みなさんは建物の外壁や屋上の地面、キッチンなど水廻りの隙間にあるゴムのような素材を見たことがありますか?
あまり目立たないし、そこまで重要なものではないと思っている方もいると思います。

それはシーリングと呼ばれ、
建物の外壁ボード間のつなぎ目や外壁とサッシの隙間など、動きの多い目地または隙間などに高度の防水性・機密性等を確保することを目的としたものです。

雨漏りと言えば天井からするイメージがあるかもしれませんが、シーリングが劣化していると
外壁から雨漏りしてしまう、ということもあります。

シーリング工事には打ち替え工事と増し打ち工事があり、

・打ち替え工事→既存のシーリングを取り除いた後に、新しいシーリングを充填する工事のこと。
メリットとしては古いシーリングを取り除いた後に、新しいシーリングを打設するため、防水性の機能はもちろん保証年数も最長5年となります。
デメリットとしては、打ち増しに比べて料金は高くなります。

・増し打ち工事→既存のシーリングの上に、新たにシーリング材を充填する工事のこと。
既存のシーリング材を撤去する作業がないので、打ち替えよりもコストを抑えることができます。
しかし、あくまで既存のシーリング材上ですので、新たなシーリング材の打ち代が無く、すぐに劣化し保証も付きません。

シーリングの劣化の症状としては
・外壁とシーリング材との間に隙間ができてしまい剥離する
・シーリング材の真ん中が切れて破断している
・シーリングが取れてしまう

などがあります。

「あまり目立たない場所だし、もう少し放っておいても良いか…」
と、後回しにされがちな箇所かもしれませんが、
そのまま放置していると躯体の劣化が早まる可能性もあります。
シーリングの劣化の見極めはぜひ株式会社藤美にお任せ下さい!

見積もり・お問い合わせはコチラ!!
>>メールでのお問い合わせはコチラ
>>見積もりまでは無料となっておりますので、お気軽にご連絡下さい。