HOME » 新着情報 » 外壁塗装の塗料の種類について

外壁塗装の塗料の種類について

お世話になっております。

皆さんは、外壁塗装の見積もりを複数の会社で取った時に
「会社によって随分料金が変わってくるんだなぁ…。」と思ったことはありませんか?

塗料の素材と一言に言ってもいくつか種類があり、その素材によって耐久年数も特性も違ってきます。
主な塗料で耐久年数が長い順だと

①フッ素系 約10年 
他の塗料に比べて、耐久性が高く、低摩擦性、不燃性など機能に優れており、
東京スカイツリーや六本木ヒルズなど大型の物件に多く使われています。
デメリットとしては他の素材に比べて高価格になります。

②シリコン系 約5年 
紫外線や湿気、汚れに強く、気候・温度の変化に対して優れた耐久性があります。

③ウレタン系 約2~3年 
アクリル系よりも防水性や耐久性が高く、塗膜が柔らかく仕上がるため、ひび割れしにくいです。

④アクリル系 約2年 
プラモデルなどをスプレー塗装する時に使われる塗料です。
価格が手ごろなため、以前はよく使われていましたが、汚れやすく耐久性が低いため塗装頻度が高くなります。
現在ではあまり使われていません。

他社と料金の比較などした場合に、料金だけで決めずに
どのような種類の塗料を使っているのか
ということも気にした方が良いポイントかもしれません。

株式会社藤美では、出来る限りお客様のご要望に合わせた金額・方法をご提案させて頂きます。

お見積りまでは無料となっておりますので、お気軽にご連絡ください!
>>>>メールでのお問い合わせはコチラ