HOME » 新着情報 » 屋上防水工事について

屋上防水工事について

屋上防水工事について

お世話になっております。

皆さまは「建物の防水工事」についてご存知でしょうか?

「防水」という言葉を聞いた時に、私は靴や衣類を雨などから守るためにかける防水スプレーなどを思い浮かべました。

建物もそれらと同じように、屋根やバルコニーに防水加工をしておかないと雨漏りが起きてしまう可能性があります。

丈夫そうに見えてもコンクリートの建物などの屋上の防水層は、気温の変化、地震の揺れなどによる伸縮、雨水の侵入などによって劣化していき、最終的に破断して機能しなくなります。

主な防水加工の種類は
①塗膜防水(ウレタン防水)
ウレタン樹脂を塗布して、一体感のある防水層を形成できるので、複雑な形の場所でも施工することが可能です。
その上軽量で、材料を塗るだけの施工のため工期も短く低コストで行うことができます。
ちなみに今回掲載している写真はウレタン防水です。

②シート防水
シート状の材料を使って、防水層を作っていく工法になります。

・塩ビシート防水:最近主流になっている施工法で、ゴムシート防水に比べ耐久性があります。
施工しやすく、軽量で、長期に渡って使うことができます。
また。どんな防水層でも上から被せられるので短期間で工事ができます。

・ゴムシート防水:材質がゴムなので伸縮性と柔軟性があります。
接着剤と粘着テープで貼り付けるだけなので、工期が短く安価で済ませることができます。

③アスファルト防水
アスファルトを染み込ませたルーフィング類を貼り重ねて防水層を作っていく工法です。
RC造(鉄筋コンクリート造)の建物に多く使われている工法で、長持ちするのが特徴です。
鉄筋コンクリートなどの建物は一見丈夫そうに見えますが、一旦ヒビが入ったりするとそこから漏水する可能性があります。

一言で防水加工といっても様々な種類があり、その建物・箇所にあった施工方法がございます。
「うちの建物にはどの防水加工が最適なのかな?」というような質問にもお答えしますので、お気軽にご連絡ください!

>>>>メールでのお問い合わせはコチラ